契約社員でセールスドライバーを進めていくには運転免許が必要

2015年06月17日に更新しました。


運転免許とはどういった資格なのか

車は誰でも運手していい物ではありません。国ごとに違いはありますが基本的には自動四輪車を安全に運転する事を国が認めた許可証です。運転免許証を取得するには、自動車教習所に通うか合宿に行くかの2種類があります。ここで全ての授業と課題をクリアしても免許証は頂けません。合宿や自動車教習所で全ての過程をクリアして最終的には国が決めた本物の試験をクリアしなければなりません。それをクリアしなければ車を運転してもよい資格を手にすることはできないからである。

 

なぜ、この企業はその資格を必要としているのか?

この資格、つまり運転免許がなければこの企業で仕事をすることは出来ないのです。理由は、車を運転する仕事だからです。従業員が運転する車は、大きい物から軽自動車という小型の刑自動車と呼ばれるものまであります。これ等の全ての物を運転することが国の法律で決定されているからです。

 

セールスドライバーについて詳しく取材した。

取材1.スタッフ 宏寿佐藤

セールスドライバーという言葉を知らない人も多いとい思います。そもそもセールスドライバーとは何なのか知らない人の為に説明させて頂きます。セールス=営業で、ドライバー=運転手です。この両方を行なうのがセールスドライバーなのです。これについて何故1人で2つの仕事をするのかというと、セールスドライバーは2種類のお客様を知っているからです。郵送したいと思っている人と、お届けしたいと思っている人の両方を相手にしているのがセールスドライバーなのです。