ドライバーの求人に応募してみる。

2014年01月09日に更新しました。


求人広告にドライバーの仕事が載っていたので応募してみた。

 

ドライバーの仕事

 

車の運転を嫌いな人はいないと思っているが、それを仕事にしたいと思う人は多くないと思います。でも、ドライバーの仕事は数多の種類存在するのが現状であることは誰もが知っていることである。一年間を通して求人誌の中にドライバー求人を見ない時期が無い時を求人広告会社で働いている友人から聞いたことがある。運転でご飯が食べて生きたいと考えている私にとっては好都合なことである。「車を運転するのが好きだと」話している人もそれだけで仕事をするとなれば、すぐに思いつくのが遠距離ドライバーである。よく年末年始などの時期に関係なく事故のニュースを見る職種である。一見楽に思われがちな仕事だが、心身ともに多大なる疲労が蓄積される仕事の1つである。

 

 

運転手の仕事は本当に多種多様ある。

 

ドライバーを兼任している仕事もあるが、運搬を主としている仕事は、基本的に深夜の時間帯や通常と異なる時間帯が就業の時間である。これは、常に危険と向かい合わせな事を自身で認識し自己管理をしっかりとしないといけないのである。運搬を主としていても、配達する時間帯が深夜でない会社もあると思うが、注意を怠ってはいけないのがこの仕事である。自分の気の緩みが、即座に人を死に至らしめる事になってしまうかもしれないからである。