ドライバーを進めていくには大型免許が必要

2014年11月07日に更新しました。


大型免許とはどういった資格なのか

大型免許とは、大型トラックなどの大型が名前に付く自動車の全てを運転できる免許です。通常の免許と違う所があります。それは教習場などが無いので1発試験で合格しなければいけないのです。

なぜ、この企業はその資格を必要としているのか?

業務を行うにあたり大型トラックを運転しての配送をするドライバーの仕事がメインとなっているのでこの免許がないと仕事が全く出来ないので意味がありません。

ドライバーについて詳しく取材してみた。

取材1. 川村 晃

中学の頃からトラック運転手になるのが夢でした。大学を卒業して一般の会社に入ったのですが、合わないと分かるまで2年もかかりました。その後に段田 運送(株)の求人を見て申し込み今に至ります。日本全国を飛び回る仕事なので、いろいろな土地を見ることができます。そして、その地の特産を食べたり触れたりすることができるので、毎日が旅行気分で楽しいです。

取材2.代表取締役

運転が好きな人なら歓迎します!もちろん、女性も歓迎していますよ。男性目線からじゃなく女性目線から仕事を行って頂ければより男女差別もなくなってくるのではないかと思います。是非とも、あなたの声で我が社をより働きやすい会社へ変えてください。

取材3.求人を出したり、採用を担当している浦田 泰典

今、求人の採用担当をしているのですが、7年くらい前から思っている事なんですが、
最近は、しっかりと自分の志望動機を説明してくれない方が多いです。事前に言いたいことを整理していただき、面接の際にあなたの熱意を私にぶつけてくれる人の応募待っています。

資格以外に転職でこの求人に応募するのに必要なものとは?

まず、第一段階として資格です。上記で説明した大型免許です。そして、次にこの仕事に対してどれほどの熱意を持っているか。これが非常に大事になってきます。

取材をし終わってこの企業について語る。

トラックの運転手になる人が随分と減っている事に気がつきました。