試飲販売スタッフを進めていくにはテイスター6級が必要

2014年12月11日に更新しました。


テイスター6級とはどういった資格なのか

ワインのプロソムリエの試験です。この資格はなかなか取得することが難しいとされています。ソムリエの試験を有している方のみが取得することができ、そして、この級というのは同じようにある剣道のように10→1というものではありません。というのもこれは1級から昇給するごとに級の単位が上がっていくという特集なものとなっているのです。そんな中でも最上級といわれている6級はワインの他にシャンパンの試飲を求められているためブドウを使うお酒のすべてを知り尽くしていなければならないといわれています。

なぜ、この企業はその資格を必要としているのか?

阪急ホールディングスでは常に「質」が求めら得ています。お客様に対するサービスも手を抜くことはありません。しかし、そうしたサービスに対してもこうした【知識】が無いと高品質なサービスに繋がりません。そこでこうした高いレベルを持っているスタッフが必要となってくるのです。そして、今回そうしたレベルを持っているスタッフを募集するためこの資格に限定して求人を出すことになりました。

試飲販売スタッフについて詳しく取材してみてた。

取材1.スタッフ

私は今この試飲の仕事をしています。多くの人に出会えているので本当に楽しく仕事をしています。そして、目の前でお客様が気に入ったワインを購入してくれた時は心のなかでガッツポーズをとりたくなってしまいます。もし、この求人に対して魅力を感じた方は是非とも弊社へ応募してください。もちろん転職者も歓迎しています。